• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「壺中の回廊」松井今朝子著

 昭和5年、大学講師の桜木治郎は、歌舞伎を上演する木挽座を経営する興行会社に「掌中の珠を砕く」との脅迫状が届いたと耳にする。治郎の祖父は、江戸歌舞伎の大作者と呼ばれた治助、父は裏方として劇界に君臨したが、治郎は封建的な旧劇の世界を見切って跡を継がなかった。脅迫状が気になり、木挽座の楽屋に「珠」候補となる花形役者たちを訪ねた治郎は、若手の花形・蘭五郎から彼が企画する自主公演への協力を求められる。

 翌月、治郎が木挽座で「仮名手本忠臣蔵」を観劇中、蘭五郎が出番なのに舞台に現れない。異変を察した治郎が楽屋に駆け付けると蘭五郎は毒殺されていた。治郎は築地署の笹岡と真相究明に乗り出す。

 歌舞伎の世界を舞台にした時代ミステリー。(集英社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る