「働く文学」奥憲太著

公開日: 更新日:

 1979年11月4日、近鉄対広島の日本シリーズ第7戦、点差1点で江夏がマウンドに上がった。彼には「自分の仕事場はつねに今、ここであって、次はない」という覚悟があった。だが、ピンチを迎えたとき、ブルペンで他のピッチャーが準備をするのを見て動揺する。オレはまだ完全に信頼されているわけじゃないのだ。そのとき、一塁手の衣笠が近づいてきてこう言った。

「オレもおまえと同じ気持ちだ。ベンチやブルペンのことなど気にするな」

 その一言で江夏は集中力を取り戻す。仲間の仕事と人格に寄り添うことで生まれるものが人の働く理由になる。(山際淳司「江夏の21球」)

 文学作品の中の、働く人の命綱となるような言葉を紹介。

(東海教育研究所 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る