「働く文学」奥憲太著

公開日: 更新日:

 1979年11月4日、近鉄対広島の日本シリーズ第7戦、点差1点で江夏がマウンドに上がった。彼には「自分の仕事場はつねに今、ここであって、次はない」という覚悟があった。だが、ピンチを迎えたとき、ブルペンで他のピッチャーが準備をするのを見て動揺する。オレはまだ完全に信頼されているわけじゃないのだ。そのとき、一塁手の衣笠が近づいてきてこう言った。

「オレもおまえと同じ気持ちだ。ベンチやブルペンのことなど気にするな」

 その一言で江夏は集中力を取り戻す。仲間の仕事と人格に寄り添うことで生まれるものが人の働く理由になる。(山際淳司「江夏の21球」)

 文学作品の中の、働く人の命綱となるような言葉を紹介。

(東海教育研究所 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  5. 5

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

もっと見る

人気キーワード