詩で食っているただ一人の詩人

公開日:  更新日:

「詩人なんて呼ばれて」語り手・詩 谷川俊太郎、聞き手・文 尾崎真理子 新潮社 2100円+税

 現代日本に自称・他称「詩人」と呼ばれる人は数あれど、「詩を書いて食っている詩人」といえば、谷川俊太郎ただ一人。24歳の谷川は「1956年の日本で、詩を書いて食っている詩人はいない。しかし、だからといって、それが詩を孤立させていい理由にはならない。我々は詩が売れるように努力すべきである」と宣言した。それから60年余、状況はほとんど変わっていないことに驚くとともに、谷川俊太郎という詩人がいかに屹立した存在であったか、あるかを思い知らされる。

 本書は、読売新聞文化部記者(現・編集委員)として多くの作家を取材し、「ひみつの王国 評伝 石井桃子」なども著している尾崎真理子が、3年越しのロングインタビューを経て、詩人・谷川俊太郎の全貌に迫ったもの。哲学者の父・徹三との「遠く、冷たい」関係、3人の妻たちとの出会いと別れ、認知症になった母のこと、畏友・大岡信の思い出など、尾崎はかなりプライベートな部分にも踏み込んで谷川から話を引き出している。

 特筆すべきは、そのすべてが具体的な詩作品に即して問いかけられていること。逆にいえば、「人生は日々のものである。そして人生が日々のものである限り、詩もまた、日々のものである」という谷川の言葉通り、谷川にとってはあらゆることが詩となりおおせていることを示してもいる。

 本書には別丁として厳選された20編のほか、谷川の詩が数多く引用されている。また、同時期に刊行された2冊の詩集、「定義」と「夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった」を比較しながら、後者と村上春樹との共鳴を示唆するなど、谷川作品への良きチチェローネ(ガイド)ともなっている。

 それら詩業を俯瞰してみると、自らを〈宇宙内存在〉と規定する谷川の独自性が際立つ。「二十億光年の孤独」というデビュー作のタイトルの、なんと象徴的なことか!
<狸>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る