• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「1945,鉄原」 イ・ヒョン著 梁玉順訳

 鉄原は朝鮮半島のほぼ真ん中にある街。

 両親を失った敬愛は、10歳で当地の大地主である黄寅甫の妾、徐華瑛の屋敷で小間使いとして働きに出た。それから5年後の1945年8月15日、日本が戦争に負け長い植民地支配から解放された。

 解放の喜びも束の間、街は混乱状態に陥っていた。親日派の黄寅甫は華瑛を連れて南の京城(現ソウル)へ逃亡、一方、寅甫の息子で敬愛の幼馴染みの基秀は共産主義運動に身を投じ鉄原に残る。敬愛の2人の姉もそれぞれ左派と右派に分かれ、まさにあちこちで骨肉の争いが繰り広げられていた。

 そんな中、鉄原地区共産党副委員長で人望の厚かった洪正斗が殺害される。この事件の真相を探るために、敬愛と基秀は越境屋の案内で38度線を越えて京城へ向かう……。

 解放直後の、南北双方の政治的思惑が入り乱れる街を舞台に、時代に翻弄されつつも生きる意味を見いだしていく朝鮮半島の若者たちの群像を描いたヤングアダルト小説。著者は現代韓国を代表する実力派作家。(影書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る