「1945,鉄原」 イ・ヒョン著 梁玉順訳

公開日: 更新日:

 鉄原は朝鮮半島のほぼ真ん中にある街。

 両親を失った敬愛は、10歳で当地の大地主である黄寅甫の妾、徐華瑛の屋敷で小間使いとして働きに出た。それから5年後の1945年8月15日、日本が戦争に負け長い植民地支配から解放された。

 解放の喜びも束の間、街は混乱状態に陥っていた。親日派の黄寅甫は華瑛を連れて南の京城(現ソウル)へ逃亡、一方、寅甫の息子で敬愛の幼馴染みの基秀は共産主義運動に身を投じ鉄原に残る。敬愛の2人の姉もそれぞれ左派と右派に分かれ、まさにあちこちで骨肉の争いが繰り広げられていた。

 そんな中、鉄原地区共産党副委員長で人望の厚かった洪正斗が殺害される。この事件の真相を探るために、敬愛と基秀は越境屋の案内で38度線を越えて京城へ向かう……。

 解放直後の、南北双方の政治的思惑が入り乱れる街を舞台に、時代に翻弄されつつも生きる意味を見いだしていく朝鮮半島の若者たちの群像を描いたヤングアダルト小説。著者は現代韓国を代表する実力派作家。(影書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  7. 7

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る

人気キーワード