• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「1945,鉄原」 イ・ヒョン著 梁玉順訳

 鉄原は朝鮮半島のほぼ真ん中にある街。

 両親を失った敬愛は、10歳で当地の大地主である黄寅甫の妾、徐華瑛の屋敷で小間使いとして働きに出た。それから5年後の1945年8月15日、日本が戦争に負け長い植民地支配から解放された。

 解放の喜びも束の間、街は混乱状態に陥っていた。親日派の黄寅甫は華瑛を連れて南の京城(現ソウル)へ逃亡、一方、寅甫の息子で敬愛の幼馴染みの基秀は共産主義運動に身を投じ鉄原に残る。敬愛の2人の姉もそれぞれ左派と右派に分かれ、まさにあちこちで骨肉の争いが繰り広げられていた。

 そんな中、鉄原地区共産党副委員長で人望の厚かった洪正斗が殺害される。この事件の真相を探るために、敬愛と基秀は越境屋の案内で38度線を越えて京城へ向かう……。

 解放直後の、南北双方の政治的思惑が入り乱れる街を舞台に、時代に翻弄されつつも生きる意味を見いだしていく朝鮮半島の若者たちの群像を描いたヤングアダルト小説。著者は現代韓国を代表する実力派作家。(影書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る