「定年後の韓国ドラマ」藤脇邦夫著

公開日: 更新日:

 定年後の余暇の使い方として韓国ドラマは最適と断言する著者が、60代男性にお薦めの作品を紹介しながら、その魅力を解き明かす入門書。

 韓国では、毎月100話分前後が放映されるドラマ超大国。そのシナリオ技術は世界レベルで、これ以上の映像エンターテインメントは他にないという。日本人のある年代が韓国ドラマに引き付けられるのはなぜなのか。その理由を日本のドラマと比較しながら詳細に分析。さらに著者が60代オヤジに最初の一本として推奨する韓国ドラマのすべての要素が詰め込まれた「ジャイアント」と、韓国ドラマの金字塔「砂時計」を徹底解説する。定年後の新たな楽しみとなるお薦めベスト50も網羅した韓国ドラマへの招待状。(幻冬舎 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード