「定年後の韓国ドラマ」藤脇邦夫著

公開日: 更新日:

 定年後の余暇の使い方として韓国ドラマは最適と断言する著者が、60代男性にお薦めの作品を紹介しながら、その魅力を解き明かす入門書。

 韓国では、毎月100話分前後が放映されるドラマ超大国。そのシナリオ技術は世界レベルで、これ以上の映像エンターテインメントは他にないという。日本人のある年代が韓国ドラマに引き付けられるのはなぜなのか。その理由を日本のドラマと比較しながら詳細に分析。さらに著者が60代オヤジに最初の一本として推奨する韓国ドラマのすべての要素が詰め込まれた「ジャイアント」と、韓国ドラマの金字塔「砂時計」を徹底解説する。定年後の新たな楽しみとなるお薦めベスト50も網羅した韓国ドラマへの招待状。(幻冬舎 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  5. 5

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  6. 6

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  7. 7

    まだまだ売り切れ マスクを店頭で確実にゲットする方法は

  8. 8

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る