「定年後の韓国ドラマ」藤脇邦夫著

公開日: 更新日:

 定年後の余暇の使い方として韓国ドラマは最適と断言する著者が、60代男性にお薦めの作品を紹介しながら、その魅力を解き明かす入門書。

 韓国では、毎月100話分前後が放映されるドラマ超大国。そのシナリオ技術は世界レベルで、これ以上の映像エンターテインメントは他にないという。日本人のある年代が韓国ドラマに引き付けられるのはなぜなのか。その理由を日本のドラマと比較しながら詳細に分析。さらに著者が60代オヤジに最初の一本として推奨する韓国ドラマのすべての要素が詰め込まれた「ジャイアント」と、韓国ドラマの金字塔「砂時計」を徹底解説する。定年後の新たな楽しみとなるお薦めベスト50も網羅した韓国ドラマへの招待状。(幻冬舎 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る