「勝海舟 歴史を動かす交渉力」山岡淳一郎著

公開日: 更新日:

 江戸城総攻撃計画を進めていた西郷隆盛は、イギリス公使のパークスが、徳川慶喜が亡命を求めたら受け入れると語ったのを知った。

 薩摩蔵屋敷での会談で、西郷は勝海舟に江戸城と武器弾薬の引き渡しを迫った。勝は、江戸城と弾薬は即引き渡すが、軍艦を扱っているのは榎本武揚なので、自分は請け合えないと答える。

 西郷は即刻幕府軍を武装解除させようとしたが、勝は、武装解除を命じると慶喜が抗戦派のとりこになるかもしれないと期限を引き延ばそうとする。パークスの江戸攻撃反対を脳裏において、西郷は江戸城総攻撃の中止を独断した。

 西郷隆盛を相手に交渉し、無血の江戸開城を実現した勝海舟の交渉力を描く。(草思社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る