「勝海舟 歴史を動かす交渉力」山岡淳一郎著

公開日:  更新日:

 江戸城総攻撃計画を進めていた西郷隆盛は、イギリス公使のパークスが、徳川慶喜が亡命を求めたら受け入れると語ったのを知った。

 薩摩蔵屋敷での会談で、西郷は勝海舟に江戸城と武器弾薬の引き渡しを迫った。勝は、江戸城と弾薬は即引き渡すが、軍艦を扱っているのは榎本武揚なので、自分は請け合えないと答える。

 西郷は即刻幕府軍を武装解除させようとしたが、勝は、武装解除を命じると慶喜が抗戦派のとりこになるかもしれないと期限を引き延ばそうとする。パークスの江戸攻撃反対を脳裏において、西郷は江戸城総攻撃の中止を独断した。

 西郷隆盛を相手に交渉し、無血の江戸開城を実現した勝海舟の交渉力を描く。(草思社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る