「勝海舟 歴史を動かす交渉力」山岡淳一郎著

公開日: 更新日:

 江戸城総攻撃計画を進めていた西郷隆盛は、イギリス公使のパークスが、徳川慶喜が亡命を求めたら受け入れると語ったのを知った。

 薩摩蔵屋敷での会談で、西郷は勝海舟に江戸城と武器弾薬の引き渡しを迫った。勝は、江戸城と弾薬は即引き渡すが、軍艦を扱っているのは榎本武揚なので、自分は請け合えないと答える。

 西郷は即刻幕府軍を武装解除させようとしたが、勝は、武装解除を命じると慶喜が抗戦派のとりこになるかもしれないと期限を引き延ばそうとする。パークスの江戸攻撃反対を脳裏において、西郷は江戸城総攻撃の中止を独断した。

 西郷隆盛を相手に交渉し、無血の江戸開城を実現した勝海舟の交渉力を描く。(草思社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード