「勝海舟 歴史を動かす交渉力」山岡淳一郎著

公開日:  更新日:

 江戸城総攻撃計画を進めていた西郷隆盛は、イギリス公使のパークスが、徳川慶喜が亡命を求めたら受け入れると語ったのを知った。

 薩摩蔵屋敷での会談で、西郷は勝海舟に江戸城と武器弾薬の引き渡しを迫った。勝は、江戸城と弾薬は即引き渡すが、軍艦を扱っているのは榎本武揚なので、自分は請け合えないと答える。

 西郷は即刻幕府軍を武装解除させようとしたが、勝は、武装解除を命じると慶喜が抗戦派のとりこになるかもしれないと期限を引き延ばそうとする。パークスの江戸攻撃反対を脳裏において、西郷は江戸城総攻撃の中止を独断した。

 西郷隆盛を相手に交渉し、無血の江戸開城を実現した勝海舟の交渉力を描く。(草思社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る