「馬たちよ、それでも光は無垢で」古川日出男著

公開日:  更新日:

 福島県出身の作家は、かつて東北6県を舞台にしたメガノベルを執筆。その主人公である兄弟に「そこへ行け」と突き動かされ、東日本大震災1カ月後の被災地に足を踏み入れた。自らの内なる声に耳を澄ましながら、被災地で目にした情景をつづる手記。

 震災当日、次作の取材のため京都にいた氏は、テレビの報道を注視し続け、時間の感覚が喪失する「神隠しの時間」を過ごす。その間、「どうして犠牲者は私ではないのか」との自問が続く。

 15日後、顔見知りの編集者に福島行きへのサポートを依頼。話はすぐにまとまり、4月のある深夜、同行者3人とともにレンタカーで「そこを見る」ために北に向かい、作家の目で見た被災地をリアルタイムで描く。 (新潮社 400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る