「貝社員 浅利軍平」浜口倫太郎著

公開日: 更新日:

 浅利軍平はビール会社の営業マンだが落ちこぼれで、本社ビル地下の営業4課に配属されている。同僚からは、海の底、砂に埋もれている貝になぞらえて、「貝社員」と揶揄されている。実際やる気ゼロ。外回りに出ても漫画喫茶で昼寝。そんな4課に元Jリーガーだという川畑が入社してくる。

 翌日、浅利は課長命令で、川畑を連れ、新橋の飲食店にあいさつ回りに行く。ライバル会社に独占されているこの界隈で、川畑が果敢に攻勢に出るのだという。ここから貝社員たちが変わり始めた。目標に定めたのはクリエーティブな新商品の開発で、研究所の同僚のおかげで開発には成功するのだが……。

 落ちこぼれたちの涙ぐましい奮闘を描いた痛快エンターテインメント小説。(講談社 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る