「貝社員 浅利軍平」浜口倫太郎著

公開日:

 浅利軍平はビール会社の営業マンだが落ちこぼれで、本社ビル地下の営業4課に配属されている。同僚からは、海の底、砂に埋もれている貝になぞらえて、「貝社員」と揶揄されている。実際やる気ゼロ。外回りに出ても漫画喫茶で昼寝。そんな4課に元Jリーガーだという川畑が入社してくる。

 翌日、浅利は課長命令で、川畑を連れ、新橋の飲食店にあいさつ回りに行く。ライバル会社に独占されているこの界隈で、川畑が果敢に攻勢に出るのだという。ここから貝社員たちが変わり始めた。目標に定めたのはクリエーティブな新商品の開発で、研究所の同僚のおかげで開発には成功するのだが……。

 落ちこぼれたちの涙ぐましい奮闘を描いた痛快エンターテインメント小説。(講談社 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る