「影の子」デイヴィッド・ヤング著 北野寿美枝訳

公開日:  更新日:

 1975年2月の東ベルリン、人民警察殺人捜査班のカーリンらは、他殺体が見つかった反ファシスト防護壁(=ベルリンの壁)近くの墓地に呼び出される。現場で待っていたのは国家保安省のイェーガーだった。壁付近で起きた事件は国境警備隊の管轄で、カーリンは自分たちが呼ばれた理由が分からない。イェーガーによると、被害者の少女は「西」から「東」へ逃げ込もうとして西側の警備兵に射殺されたようだ。カーリンは、少女の身元を突き止め、国家保安省が描いたこの事件の筋書きを裏付ける証拠を見つけるよう命じられる。しかし、人民警察の鑑識官が現場で見つけたタイヤ痕は党の公用車のものだった。

 東西分裂時のドイツを舞台にした歴史ミステリー。

(早川書房 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る