「影の子」デイヴィッド・ヤング著 北野寿美枝訳

公開日: 更新日:

 1975年2月の東ベルリン、人民警察殺人捜査班のカーリンらは、他殺体が見つかった反ファシスト防護壁(=ベルリンの壁)近くの墓地に呼び出される。現場で待っていたのは国家保安省のイェーガーだった。壁付近で起きた事件は国境警備隊の管轄で、カーリンは自分たちが呼ばれた理由が分からない。イェーガーによると、被害者の少女は「西」から「東」へ逃げ込もうとして西側の警備兵に射殺されたようだ。カーリンは、少女の身元を突き止め、国家保安省が描いたこの事件の筋書きを裏付ける証拠を見つけるよう命じられる。しかし、人民警察の鑑識官が現場で見つけたタイヤ痕は党の公用車のものだった。

 東西分裂時のドイツを舞台にした歴史ミステリー。

(早川書房 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る