「影の子」デイヴィッド・ヤング著 北野寿美枝訳

公開日: 更新日:

 1975年2月の東ベルリン、人民警察殺人捜査班のカーリンらは、他殺体が見つかった反ファシスト防護壁(=ベルリンの壁)近くの墓地に呼び出される。現場で待っていたのは国家保安省のイェーガーだった。壁付近で起きた事件は国境警備隊の管轄で、カーリンは自分たちが呼ばれた理由が分からない。イェーガーによると、被害者の少女は「西」から「東」へ逃げ込もうとして西側の警備兵に射殺されたようだ。カーリンは、少女の身元を突き止め、国家保安省が描いたこの事件の筋書きを裏付ける証拠を見つけるよう命じられる。しかし、人民警察の鑑識官が現場で見つけたタイヤ痕は党の公用車のものだった。

 東西分裂時のドイツを舞台にした歴史ミステリー。

(早川書房 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る