「モナ・リザ・ウイルス」(上・下) ティボール・ローデ著 酒寄進一訳

公開日:  更新日:

 ボストンで神経美学を研究するヘレンの携帯に見知らぬ男から電話が入る。パトリックと名乗った男は、ソフトウエアで巨万の富を築いたワイズの息子だった。失踪した父親の行方を捜すパトリックは、この電話番号が書かれたメモを見つけたという。メモには施設で暮らすヘレンの娘・マドレーヌの名前も書かれていたらしい。連絡を入れると、娘は施設から姿を消していた。ワイズと一緒にいると思われ、ヘレンはパトリックに請われ、ワルシャワに飛ぶ。同じころ、メキシコでミス・アメリカ候補の誘拐事件を担当していたFBI捜査官のミルナーは、各地で多発するミツバチの大量死を捜査するため、ブラジルに派遣される。

 ドイツ発の国際謀略ミステリー。

(小学館 上・750円下・790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る