「モナ・リザ・ウイルス」(上・下) ティボール・ローデ著 酒寄進一訳

公開日: 更新日:

 ボストンで神経美学を研究するヘレンの携帯に見知らぬ男から電話が入る。パトリックと名乗った男は、ソフトウエアで巨万の富を築いたワイズの息子だった。失踪した父親の行方を捜すパトリックは、この電話番号が書かれたメモを見つけたという。メモには施設で暮らすヘレンの娘・マドレーヌの名前も書かれていたらしい。連絡を入れると、娘は施設から姿を消していた。ワイズと一緒にいると思われ、ヘレンはパトリックに請われ、ワルシャワに飛ぶ。同じころ、メキシコでミス・アメリカ候補の誘拐事件を担当していたFBI捜査官のミルナーは、各地で多発するミツバチの大量死を捜査するため、ブラジルに派遣される。

 ドイツ発の国際謀略ミステリー。

(小学館 上・750円下・790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る