• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「モナ・リザ・ウイルス」(上・下) ティボール・ローデ著 酒寄進一訳

 ボストンで神経美学を研究するヘレンの携帯に見知らぬ男から電話が入る。パトリックと名乗った男は、ソフトウエアで巨万の富を築いたワイズの息子だった。失踪した父親の行方を捜すパトリックは、この電話番号が書かれたメモを見つけたという。メモには施設で暮らすヘレンの娘・マドレーヌの名前も書かれていたらしい。連絡を入れると、娘は施設から姿を消していた。ワイズと一緒にいると思われ、ヘレンはパトリックに請われ、ワルシャワに飛ぶ。同じころ、メキシコでミス・アメリカ候補の誘拐事件を担当していたFBI捜査官のミルナーは、各地で多発するミツバチの大量死を捜査するため、ブラジルに派遣される。

 ドイツ発の国際謀略ミステリー。

(小学館 上・750円下・790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る