北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日: 更新日:

 羽州ぼろ鳶組シリーズの第5巻である。これは「火消小説」だ。主人公は松永源吾。江戸の火消の世界がこれほど複雑であったとは驚く。定火消、大名火消、町火消が入り乱れているのだ。たとえば、士分の火消が太鼓を打ち、それを聞いたあとでないと町火消は半鐘を鳴らすことが出来ず、さらに同じ士分でも最も火元に近い大名家が初めに太鼓を打つきまりになっているとか、細かなルールもあって複雑きわまりない。

 松永源吾は出羽新庄藩に雇われている火消頭取だ。つまり大名火消である。新庄藩は予算が限られているので、いつもつぎはぎだらけの衣装を着ている。最初はバカにされて「ぼろ鳶組」と呼ばれていたが、そのうちに畏敬と愛着をこめて呼ばれるようになる。愛すべきキャラクターが松永源吾のまわりには多いのである。

 もちろん、「ぼろ鳶組」だけでなく、他の大名火消に定火消、さらには町火消の男たちが次々に登場してくるが、出来ればこの第5巻「菩薩花」からお読みになることをすすめたい。本書には、「火消番付」が挟み込まれているのだ。これを見ると、主人公・松永源吾は西の大関だとわかるし、九紋龍(こういう通り名が付けられている)の辰一は東の関脇なんだとすぐにわかる仕組みになっている。この「番付」をかたわらにおいて1巻ずつ読んでいけば、また楽しみも倍加するのではないかと思う。

(祥伝社 740円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る