• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「あやかし草紙」宮部みゆき著

 小説を読むということは本来、とても愉しいことだ。あるときはまだ見ぬ地に案内され、あるときは自分が見過ごしていたことの意味を教えられる。読書が愉しいのは、そういうふうに書物の中に多くの発見があるからだ。知らないことを教えられるのは愉しい。宮部みゆきの小説を読むたびにそんなことを思うのは、この著者の作品には、いつもその発見が多いからだろう。

 宮部みゆきが書き続けている「三島屋変調百物語」というシリーズには、特にその発見が多い。袋物屋の三島屋が江戸中のふしぎ話を集めているのは、ある事件をきっかけに心を閉ざした姪・おちかのためである。広い世間にはさまざまな不幸があり、それぞれの償いようがある。暗いものをかかえこんでいるのはおちかだけではない。それを説教ではなく、他人さまの体験譚として聞かせようというのが三島屋の主人・伊兵衛の考えであった。

 というわけで、「たったひとりの観客であるおちかの前で、ふしぎな体験をした者がその話を披露する」というこのシリーズが成立する。

「おそろし」「あんじゅう」「泣き童子」「三鬼」と続いて本書が第5弾だが、そういう性格上、続いているわけではないので、どこから読んでもいい。

 今回は5話を収録しているが、相変わらずうなるほどうまい。さらにシリーズの重要な転回点となる作品でもあるのだが、それは読んでのお愉しみにしておこう。(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る