北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「あやかし草紙」宮部みゆき著

公開日:

 小説を読むということは本来、とても愉しいことだ。あるときはまだ見ぬ地に案内され、あるときは自分が見過ごしていたことの意味を教えられる。読書が愉しいのは、そういうふうに書物の中に多くの発見があるからだ。知らないことを教えられるのは愉しい。宮部みゆきの小説を読むたびにそんなことを思うのは、この著者の作品には、いつもその発見が多いからだろう。

 宮部みゆきが書き続けている「三島屋変調百物語」というシリーズには、特にその発見が多い。袋物屋の三島屋が江戸中のふしぎ話を集めているのは、ある事件をきっかけに心を閉ざした姪・おちかのためである。広い世間にはさまざまな不幸があり、それぞれの償いようがある。暗いものをかかえこんでいるのはおちかだけではない。それを説教ではなく、他人さまの体験譚として聞かせようというのが三島屋の主人・伊兵衛の考えであった。

 というわけで、「たったひとりの観客であるおちかの前で、ふしぎな体験をした者がその話を披露する」というこのシリーズが成立する。

「おそろし」「あんじゅう」「泣き童子」「三鬼」と続いて本書が第5弾だが、そういう性格上、続いているわけではないので、どこから読んでもいい。

 今回は5話を収録しているが、相変わらずうなるほどうまい。さらにシリーズの重要な転回点となる作品でもあるのだが、それは読んでのお愉しみにしておこう。(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る