北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「あやかし草紙」宮部みゆき著

公開日: 更新日:

 小説を読むということは本来、とても愉しいことだ。あるときはまだ見ぬ地に案内され、あるときは自分が見過ごしていたことの意味を教えられる。読書が愉しいのは、そういうふうに書物の中に多くの発見があるからだ。知らないことを教えられるのは愉しい。宮部みゆきの小説を読むたびにそんなことを思うのは、この著者の作品には、いつもその発見が多いからだろう。

 宮部みゆきが書き続けている「三島屋変調百物語」というシリーズには、特にその発見が多い。袋物屋の三島屋が江戸中のふしぎ話を集めているのは、ある事件をきっかけに心を閉ざした姪・おちかのためである。広い世間にはさまざまな不幸があり、それぞれの償いようがある。暗いものをかかえこんでいるのはおちかだけではない。それを説教ではなく、他人さまの体験譚として聞かせようというのが三島屋の主人・伊兵衛の考えであった。

 というわけで、「たったひとりの観客であるおちかの前で、ふしぎな体験をした者がその話を披露する」というこのシリーズが成立する。

「おそろし」「あんじゅう」「泣き童子」「三鬼」と続いて本書が第5弾だが、そういう性格上、続いているわけではないので、どこから読んでもいい。

 今回は5話を収録しているが、相変わらずうなるほどうまい。さらにシリーズの重要な転回点となる作品でもあるのだが、それは読んでのお愉しみにしておこう。(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る