• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ふたりみち」山本幸久著

 野原ゆかり67歳は、函館五稜郭近くで後期高齢者の客を相手に4坪半のスナック「野ばら」を経営している。彼女は元歌手である。芸名はミラクルローズ。レコードは7枚しか出したことがない。あとは細々と歌手活動をしてきたが、30年前に引退してこのスナックを開いた。

 その野原ゆかり、いや、ミラクルローズがスナックを休んで旅に出る話である。もう一度全国を歌ってまわるのである。もっともその舞台は、旅館の宴会場や病院のロビー、そして公民館だったりする。つまりはドサまわりだ。さらに、リクエストがあれば、マドンナ「ライク・ア・バージン」から、荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」、井上陽水「少年時代」、そしてドラえもんの主題歌まで、なんでも歌う。いちばん得意なのは、「愛の讃歌」だ。つまり歌謡ショーというよりも、カラオケ大会のようなものといっていい。その旅は、12歳の少女との奇妙な2人連れであることも書いておきたい。

 旅の途中に、彼女がどうやって歌手になったのか、どういう人生を送っていたのか、少しずつそれらのドラマが挿入されていく。すると、1人の女性の人生が、鮮やかに立ち上がってくる。古希に近い老婆で、後期高齢者相手に狭い店で酒を飲むしかない1人のおばあちゃんにも、若き日があり、夢があり、愛があったこと、かけがえのないものがあったことを、私たちは知るのである。いい小説だ。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る