芭蕉と俳句を愛する人が集う弁当屋

公開日:  更新日:

「下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし」五十嵐雄策著/KADOKAWA 610円+税

 食べ物に関する物語といっても、食べ物のことだけが書かれているわけではない。それぞれ、食べ物×□といった具合に工夫を凝らしている。本書の□は俳句。そして食べ物はお弁当。「お弁当×俳句」という、一見奇なる組み合わせだが、そこには共通点があるという。それは「どちらも人の心に寄り添ってくれる」ということだ。

【あらすじ】
三崎佳奈が東京下町の深川に引っ越してきたのは3週間前。同棲していた恋人が同じ部署の後輩と結婚すると知らされ、それまで2人が暮らしていた池袋から逃げるようにしてこの地に来たのだ。

 ある日、慣れない近所を散策していると路地に迷い込み、どこからかいい匂いが漂ってきた。見ると「弁当処芭蕉庵」という看板が目に入る。ここは芭蕉と俳句を愛する人が集う弁当屋だという。そう、深川は芭蕉が住んでいた町。店の主人は大の芭蕉ファンで、みんなから「芭蕉さん」と呼ばれている。

 芭蕉さんは毎月、常連客たちと芭蕉ゆかりの史跡を巡る会を開き、毎回その場所にちなんだ特製のお弁当を供しているという。参加費は無料。その代わりに一句詠むのが規則。ひょんなことから会に参加することになった佳奈のために、芭蕉さんが用意してくれたのはショウガたっぷりの深川めし。佳奈の痛んだ心にアサリの風味とショウガの刺激的な香りが染みわたる。

【読みどころ】
その他、意地を張り合う2人の中年男の仲直りを促す春の天ぷら弁当、不登校の高校生に自信を与える湯葉ちらし弁当なども登場。また俳句に無縁だった佳奈が徐々に句作の腕を上げていくところは、俳句初心者の心をくすぐる。

 芭蕉に関する蘊蓄もたっぷりで、お弁当×俳句だからこそ生まれた心温まる物語。<石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る