規則に縛られる給食に挑む腕利き調理師

公開日:  更新日:

「給食のおにいさん」遠藤彩見著/幻冬舎 686円+税

 日本における給食は、明治時代に貧困児童を対象にして昼食を供したのが始まりとされている。現在では貧困やネグレクトによって親から食事を与えられずに、給食が唯一の食事になっている子どもも少なくないという。本書はそんな給食の大切さを教えてくれる。

【あらすじ】佐々目宗は各種料理コンクールで優勝した経験を持つ腕利きの調理師。10年間の修業の後、28歳で念願のビストロを開くが、開店まもなく店が火事になってしまう。

 呆然とする彼の目に留まったのが、臨時給食調理員の募集。応募先の若竹小学校は、こだわりの手作り調理を基本とし、おまけに残業なし。ここで1年間働き再起を図ろうと張り切ったものの、若竹小の給食調理を仕切る学校栄養職員の毛利に、「給食は、一に安全、二に栄養、カロリー、塩分、予算。味はその次」とクギを刺され、味にこだわる宗とことごとく対立する。それでも多様な規則に縛られる給食の調理に馴染んできた宗は、なんとか子どもたちにおいしいものを食べさせたいと、さまざまな工夫をする。

 そうした中で出会ったのが、保健室登校をしている佑磨、母親にネグレクトされて家では食事を与えられず毎日放課後に調理場に残った給食をもらいに来る陽、元売れっ子の天才子役だったが太ったために仕事が激減、食べることを恐れる美玲といった子どもたち。彼らと触れ合うことで、宗は腰掛けと思っていた給食調理師の仕事の奥深さを感じていく……。

【読みどころ】給食というと献立内容や味に関して取り沙汰されることが多いが、まずは本書の陽のように「おれ(の体)は給食でできています」と言い切れるような信頼できる給食であって欲しい。本シリーズは現在第5作まで刊行。 <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る