無気力な中年男が人生最後の食事を頼まれ…

公開日: 更新日:

「僕とおじさんの朝ごはん」桂望実著 中央公論新社/700円+税

 食事のとき、これはうまいとかまずいとか何げなく言ってしまうが、本書に登場する13歳の英樹は生まれつき難病にかかっており、彼にとっての食事とは「体のために栄養を取り入れる行為」である。だから、「うまいかまずいかではなく、取ったか取らなかったが重要で、それは飲み薬と同じ扱い」なのだ。その英樹が、食事をして生まれて初めて「最高にうまい」と思った。そんな奇跡を描いた物語である。

【あらすじ】水島健一は44歳のケータリング業者。彼のモットーは、まず味よりも見た目に気を配ること。その次に大事にしているのは、下準備にどれだけ手を抜けるかだ。大体は出来合いのものをきれいに飾り付けてそれらしく見せ、たまに手作りしたとしても、前のパーティーで多めに用意したものを次に使い回すといった具合だ。何事によらず、真剣とか一生懸命といったことは避けて、無気力、無関心を貫くのが健一の信条だ。

 とはいえ、健一とてはなからそうだったわけではない。若い頃のある出来事をきっかけに彼の心に虚無が入り込んでしまったのだ。

 そこに現れたのが英樹だ。腰痛のためリハビリセンターに通っていた健一が手にしていたあん入りのサンドイッチに車いすに乗った英樹が興味を示し、食の細い彼がおいしく食べたのがきっかけだ。以来、2人は親しく話すようになるが、ある日健一は、英樹から人生最後の食事としてとっておきの朝食を作って欲しいと頼まれる。それに対して健一が用意したのは……。

【読みどころ】自らの命をまっすぐに見つめる英樹に向き合って、健一はおいしいものを食べることの幸せな気分を思い出す。少年とおじさんの心の触れあいがちょっと切なく、心洗われる。 <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  10. 10

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

もっと見る