「罪人が祈るとき」小林由香著

公開日: 更新日:

 11月6日の呪い。週刊誌が取り上げた記事には、ある少年、そして翌年同日にはその母、さらにその翌年には少年のクラスメートの死が報じられた。本当に呪いなのかと。

 主人公は妻と息子を失った風見啓介、そして息子の同級生で、加害者の少年のひとりにひどい暴力とかつあげを受けている時田祥平。

 ある日、いつものように上級生の竜二とその取り巻きに脅されていた祥平の前にピエロが現れ、あっという間に3人を打ち倒した。そして、祥平の打ち明け話を聞いてくれる。そして言った。「私が殺してあげる」と。

 その日からピエロと祥平の殺害計画が進行する。まず血祭りにあげられたのが竜二。しかし祥平は、その場に居合わせなかった。続く2人の死。

 罪と死を見つめたヒューマン小説。

(双葉社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る