「罪人が祈るとき」小林由香著

公開日: 更新日:

 11月6日の呪い。週刊誌が取り上げた記事には、ある少年、そして翌年同日にはその母、さらにその翌年には少年のクラスメートの死が報じられた。本当に呪いなのかと。

 主人公は妻と息子を失った風見啓介、そして息子の同級生で、加害者の少年のひとりにひどい暴力とかつあげを受けている時田祥平。

 ある日、いつものように上級生の竜二とその取り巻きに脅されていた祥平の前にピエロが現れ、あっという間に3人を打ち倒した。そして、祥平の打ち明け話を聞いてくれる。そして言った。「私が殺してあげる」と。

 その日からピエロと祥平の殺害計画が進行する。まず血祭りにあげられたのが竜二。しかし祥平は、その場に居合わせなかった。続く2人の死。

 罪と死を見つめたヒューマン小説。

(双葉社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る