「罪人が祈るとき」小林由香著

公開日:  更新日:

 11月6日の呪い。週刊誌が取り上げた記事には、ある少年、そして翌年同日にはその母、さらにその翌年には少年のクラスメートの死が報じられた。本当に呪いなのかと。

 主人公は妻と息子を失った風見啓介、そして息子の同級生で、加害者の少年のひとりにひどい暴力とかつあげを受けている時田祥平。

 ある日、いつものように上級生の竜二とその取り巻きに脅されていた祥平の前にピエロが現れ、あっという間に3人を打ち倒した。そして、祥平の打ち明け話を聞いてくれる。そして言った。「私が殺してあげる」と。

 その日からピエロと祥平の殺害計画が進行する。まず血祭りにあげられたのが竜二。しかし祥平は、その場に居合わせなかった。続く2人の死。

 罪と死を見つめたヒューマン小説。

(双葉社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る