「小屋を燃す」南木佳士著

公開日:  更新日:

 東京郊外の高校に通っていたころ、期末テストを終えて帰りの電車で寝過ごし、都心まで来てしまった。駅に貼ってあったポスターに引かれて、デパートで開催されていた印象派展を見た。ルノワールやモネはわからなかったが、シスレーの河畔の風景に目を奪われた。額縁の中に飛び込めば異界に抜けられそうな軽快な青色の空がそこにあった。それ以来、何かあるとあの空を思い出し、他人の言説や自分が見ているものが他の次元に通じているか否かを判断する尺度にしてきた。(「畔を歩く」)

 精神を病んで、自宅安静を命じられた医師が、生死のあわいを見つめる連作短編集。 (文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る