「小屋を燃す」南木佳士著

公開日: 更新日:

 東京郊外の高校に通っていたころ、期末テストを終えて帰りの電車で寝過ごし、都心まで来てしまった。駅に貼ってあったポスターに引かれて、デパートで開催されていた印象派展を見た。ルノワールやモネはわからなかったが、シスレーの河畔の風景に目を奪われた。額縁の中に飛び込めば異界に抜けられそうな軽快な青色の空がそこにあった。それ以来、何かあるとあの空を思い出し、他人の言説や自分が見ているものが他の次元に通じているか否かを判断する尺度にしてきた。(「畔を歩く」)

 精神を病んで、自宅安静を命じられた医師が、生死のあわいを見つめる連作短編集。 (文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る