「ゴッホのあしあと」原田マハ著

公開日: 更新日:

 人気作家が、「炎の画家」ゴッホの知られざる素顔に迫るアートエッセー。

 わずか37年の生涯だったゴッホが、画家を志したのは27歳のとき。私たちが彼の絵と聞いて思い浮かべる作品は、32歳でパリに出て以降の約4年間に描かれたものだ。

 各地を転々としていたゴッホは、1886年にパリで日本の浮世絵と出合い、作風に大きな変化が表れる。

 一方、彼の死後わずか20年の1910年に日本で紹介されると、作品を見るため渡欧する熱狂的なファンが大勢現れるほど、ゴッホと日本人は、はるか昔から相思相愛の関係だったという。

 パリに日本美術を紹介した美術商・林忠正の存在や、ゴッホゆかりの地を巡る旅などを織り交ぜながら、ゴッホ作品に新たな魅力を見いだす。

 (幻冬舎 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る

人気キーワード