「ゴッホのあしあと」原田マハ著

公開日: 更新日:

 人気作家が、「炎の画家」ゴッホの知られざる素顔に迫るアートエッセー。

 わずか37年の生涯だったゴッホが、画家を志したのは27歳のとき。私たちが彼の絵と聞いて思い浮かべる作品は、32歳でパリに出て以降の約4年間に描かれたものだ。

 各地を転々としていたゴッホは、1886年にパリで日本の浮世絵と出合い、作風に大きな変化が表れる。

 一方、彼の死後わずか20年の1910年に日本で紹介されると、作品を見るため渡欧する熱狂的なファンが大勢現れるほど、ゴッホと日本人は、はるか昔から相思相愛の関係だったという。

 パリに日本美術を紹介した美術商・林忠正の存在や、ゴッホゆかりの地を巡る旅などを織り交ぜながら、ゴッホ作品に新たな魅力を見いだす。

 (幻冬舎 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る