「織田家臣団の謎」菊地浩之著

公開日: 更新日:

 どんな出自の者でも、才覚があれば出世が可能な実力主義というイメージが強い信長の率いる織田家臣団。しかし史料をあたると、出自不問とは言い切れないさまざまな処遇があった。著者は、信長がいかにして最強の家臣団を形成したのか、信長の父(信秀)の時代にまでさかのぼって、その過程を丹念に追いかけた。そこから見えてきた人材登用の戦略を、本書は解説している。

 信長の家臣団の特徴のひとつに、今でいう中途入社組の家臣の多さがあった。しかしこれは実力主義というより、父親の代から仕えた家臣が少なかったために起きたことではないかと著者は説く。

 それは、新卒採用ができなかった創業まもない企業で、中途入社組が創業メンバーのようになってしまうのと似ているというのだ。

 父の代から上洛前、そして上洛後に有力武将をどのように構成していったかを追っていくと、信長の取った戦略が明智光秀の謀反の原因になったという、著者の論が興味深く見えてくる。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  9. 9

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る