「織田家臣団の謎」菊地浩之著

公開日:  更新日:

 どんな出自の者でも、才覚があれば出世が可能な実力主義というイメージが強い信長の率いる織田家臣団。しかし史料をあたると、出自不問とは言い切れないさまざまな処遇があった。著者は、信長がいかにして最強の家臣団を形成したのか、信長の父(信秀)の時代にまでさかのぼって、その過程を丹念に追いかけた。そこから見えてきた人材登用の戦略を、本書は解説している。

 信長の家臣団の特徴のひとつに、今でいう中途入社組の家臣の多さがあった。しかしこれは実力主義というより、父親の代から仕えた家臣が少なかったために起きたことではないかと著者は説く。

 それは、新卒採用ができなかった創業まもない企業で、中途入社組が創業メンバーのようになってしまうのと似ているというのだ。

 父の代から上洛前、そして上洛後に有力武将をどのように構成していったかを追っていくと、信長の取った戦略が明智光秀の謀反の原因になったという、著者の論が興味深く見えてくる。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る