• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いつも日本語で悩んでいます」朝日新聞校閲センター著

 普天間基地の辺野古移設工事をめぐって、菅官房長官が「粛々」という言葉を使ったことが、「上から目線」だと沖縄県民を怒らせた。

「粛々」は「おごそか」「静か」という意味をもつが、頼山陽が川中島の戦いを詠った漢詩に「鞭声粛々、夜、河を過る」と詠んだことから、「集団が秩序を保って何かを遂行する」というイメージに転じ、苦境にある政治家が使うようになった。それが、相手から意見を受けても足は止めないという印象を与える。

 菅長官は「粛々」を使わないと言うが、「上から目線」が姿勢も含むとすると、言葉の言い換えだけで収まる問題ではない。

 ほかに「入籍」など、校閲者が日々格闘している言葉を紹介。

(さくら舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る