「いつも日本語で悩んでいます」朝日新聞校閲センター著

公開日:

 普天間基地の辺野古移設工事をめぐって、菅官房長官が「粛々」という言葉を使ったことが、「上から目線」だと沖縄県民を怒らせた。

「粛々」は「おごそか」「静か」という意味をもつが、頼山陽が川中島の戦いを詠った漢詩に「鞭声粛々、夜、河を過る」と詠んだことから、「集団が秩序を保って何かを遂行する」というイメージに転じ、苦境にある政治家が使うようになった。それが、相手から意見を受けても足は止めないという印象を与える。

 菅長官は「粛々」を使わないと言うが、「上から目線」が姿勢も含むとすると、言葉の言い換えだけで収まる問題ではない。

 ほかに「入籍」など、校閲者が日々格闘している言葉を紹介。

(さくら舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る