「本性」伊岡瞬著

公開日:

  中学校の教師、梅田尚之は、婚活パーティーでサトウミサキという女と知り合った。意気投合して付き合うようになり、ミサキはやがて尚之の母に取り入って、母が自宅で開いている生け花教室の生徒になった。

 だが、ミサキはある日突然、豹変し、母と尚之にICレコーダーでホテルでの尚之のあられもない声を聞かせた。ミサキは母が生け花教室の収入を申告していないことや、尚之が教え子の女子中学生と援助交際をしたことも指摘して口止め料2000万円を要求し、尚之は1000万円支払った。ミサキは梅田家の分家筋の青木家にも出入りして、何かを企んでいるようだ。

 過去の因縁から関係者に不幸をもたらす女を描くクライム・サスペンス。 (KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る