• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「偽りの銃弾」ハーラン・コーベン著 田口俊樹、大谷瑠璃子訳

 戦闘ヘリコプターの元パイロットのマヤは、4カ月前の姉のクレアに続き、夫のジョーまで亡くしてしまう。ジョーは、夜の公園で暴漢に襲われ、拳銃で殺されたのだ。葬儀の日、マヤは親友から子守を監視するためのカメラが仕込まれたフォトフレームを渡される。マヤの2歳の娘・リリーの子守・イザベラは富豪のジョーの実家に仕える使用人のひとりだった。

 イザベラのことを信用しているマヤは気が進まないが、念のためフォトフレームを居間にセットする。そんな中、マヤは外出中に同じ車に尾行されていることに気づく。数日後、マヤは監視カメラの映像に死んだはずのジョーの姿を見つけ、動揺する。

 ジュリア・ロバーツ製作・主演で映画化が進む長編サスペンス。

(小学館 930円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る