「偽りの銃弾」ハーラン・コーベン著 田口俊樹、大谷瑠璃子訳

公開日: 更新日:

 戦闘ヘリコプターの元パイロットのマヤは、4カ月前の姉のクレアに続き、夫のジョーまで亡くしてしまう。ジョーは、夜の公園で暴漢に襲われ、拳銃で殺されたのだ。葬儀の日、マヤは親友から子守を監視するためのカメラが仕込まれたフォトフレームを渡される。マヤの2歳の娘・リリーの子守・イザベラは富豪のジョーの実家に仕える使用人のひとりだった。

 イザベラのことを信用しているマヤは気が進まないが、念のためフォトフレームを居間にセットする。そんな中、マヤは外出中に同じ車に尾行されていることに気づく。数日後、マヤは監視カメラの映像に死んだはずのジョーの姿を見つけ、動揺する。

 ジュリア・ロバーツ製作・主演で映画化が進む長編サスペンス。

(小学館 930円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  7. 7

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  8. 8

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

  9. 9

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

  10. 10

    大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る