「偽りの銃弾」ハーラン・コーベン著 田口俊樹、大谷瑠璃子訳

公開日:  更新日:

 戦闘ヘリコプターの元パイロットのマヤは、4カ月前の姉のクレアに続き、夫のジョーまで亡くしてしまう。ジョーは、夜の公園で暴漢に襲われ、拳銃で殺されたのだ。葬儀の日、マヤは親友から子守を監視するためのカメラが仕込まれたフォトフレームを渡される。マヤの2歳の娘・リリーの子守・イザベラは富豪のジョーの実家に仕える使用人のひとりだった。

 イザベラのことを信用しているマヤは気が進まないが、念のためフォトフレームを居間にセットする。そんな中、マヤは外出中に同じ車に尾行されていることに気づく。数日後、マヤは監視カメラの映像に死んだはずのジョーの姿を見つけ、動揺する。

 ジュリア・ロバーツ製作・主演で映画化が進む長編サスペンス。

(小学館 930円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る