「連続殺人鬼 カエル男ふたたび」中山七里著

公開日: 更新日:

 午前1時15分、松戸市白河町3丁目の御前崎宗孝の家で爆発音がした。
現場で発見された肉片は、御前崎のものだと確認された。

「きょうばくちくをかってきたよ……」などと書いた稚拙な犯行声明文が見つかったことから、昨年暮れの飯能市五十音順連続殺人事件と関係があると思われた。精神科医である御前崎教授はその殺人事件に関わった当真勝雄の主治医だった。その当真は10月末に退院している。

 キッチンに残されていたコーヒーカップからは御前崎と当真の指紋が検出された。「御前崎」のオはア行の最後の文字だが、これで事件は最後なのか、それとも次の行へ移るのか。渡瀬・古手川コンビが活躍するサイコサスペンス。

(宝島社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る