「憲法の真髄」小林節、竹田恒泰著

公開日:  更新日:

 マスコミでお馴染みの2人が改正論議の渦中にある憲法の本質について語り合った対談集。

 憲法には「国家統治の組織作用の基本法」と、「国家権力を担当する人間を管理し、主権者国民の人権を守るとともに、主権者国民の幸福追求を支援する政治を全うさせるための法」という2つの定義がある。法律や判例などを束ねて憲法を認識する英国の「不文憲法」や、世界で最初の成文憲法を作った米国など、各国の憲法の成り立ちを振り返り、そもそも憲法とは何かを解説。

 その上で、明治の「大日本帝国憲法」制定の過程を追いながら、日本書紀に登場する十七条憲法の本来の精神などにも言及。

 憲法に対する誤解を解きながら、立憲主義や、9条問題など改正論議の争点を論じ合う。

 (KKベストセラーズ 890円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る