嘘とプロパガンダに彩られた“安倍一味”の異常さ

公開日:  更新日:

「おい、小池!」適菜収著/KKベストセラーズ

「安倍でもわかる保守思想入門」(KKベストセラーズ)の著者が小池百合子、橋下徹、竹中平蔵ら“安倍(晋三)組”の異常さをまとめて明らかにする。

「安倍政権を彩ってきたのは、嘘とプロパガンダである」と適菜は指摘しているが、「維新の会と小池をつないだのは竹中平蔵だった」という。「安倍は小池と組んで改憲したいと、ことあるごとにエールを送って」きたし、つまり、“安倍組”とは、安倍、小池、竹中、橋下の“四人組”なのである。周囲におはやし隊として桜井よしこや百田尚樹がいる。

「少し汚い表現だが」と言いながら、適菜は断言する。「希望の党が政界の肥溜めだとしたら、小池は政界の蝿取り紙」だと。付け加えれば、冬になってもぶらさげられている蝿取り紙ということになるだろう。

 この小池が連れてきたブレーンや手下がまたひどい。大阪維新の会のバックで動いていた慶大教授の上山信一であり、アントニオ猪木の事務所にいた野田数だからである。

 安倍を支える菅義偉は「政治家の覚悟」という自分の本に「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」と書いているが、加計問題で国家戦略特区ワーキンググループの議事録の公開に応じない菅に、記者がここを読み上げ誰が書いた本かわかるかと尋ねると、菅は「知らない」と答えたとか。適菜は「ゴーストライターが書いたんだろうけど、自分の名前で出した本くらい読んでおけばいいのに」と皮肉っている。

 安倍と相思相愛の橋下についての、次の記述も特筆しておくべきだろう。

「橋下の父親と叔父は暴力団組員であるとの『新潮45』の報道は事実であると最高裁が認定。橋下の上告を退けた(二〇一七年六月一日)。一審大阪地裁判決は『実父が組員だったことは(橋下の)人格形成に影響しうる事実で、公共の利益に関わる』と指摘。二審大阪高裁も一審の判断を支持した」

 そして適菜は提案する。小選挙区比例代表並立制は中選挙区に戻す。党中央に権限が集中する政治資金規正法も1994年より前の形に戻す。郵政事業は国営に戻す。労働者派遣法の規制は強化し、構造改革特区は廃止する。安倍一味がもくろんできた道州制やTPP、農協の解体などもストップすれば、まっとうな国民の支持は集まる、と。

 ★★★(選者・佐高信)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る