「憲法改正の覚悟はあるか」小林節著

公開日:  更新日:

 安倍政権は改憲をしないまま海外派兵ができるようにしようとしている。

 これまでは特別措置法という時限立法で、インド洋で海上封鎖している米軍に給油など事実上の〈戦争支援〉を行ってきたが、今回は海外派兵の〈恒久法〉である自衛隊海外派兵手続き法の制定作業に入っている。制定されれば国会の承認なしで政府が海外派兵でき、国連の決議がなくても米軍の後方支援ができることになる。

 イスラム教諸国と戦争している米国の後方支援をすれば、東京でもロンドンやマドリードのようなテロが起こることがあり得るのだ。

 改憲派憲法学者が〈改憲論争〉の問題点をわかりやすく講義した一冊。

(KKベストセラーズ1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る