「戦時の音楽」レベッカ・マカーイ著、藤井光訳

公開日:  更新日:

 アーロンは3人の亡霊と一緒に、9本指のバイオリニスト、ラデレスクの演奏を聴いていた。亡霊は、戦争中、アーロンの父が立てこもっていた音楽学校で死んだ、女性と少年とハンガリー人だった。ラデレスクはアーロンの父の師で、ルーマニアで最も歴史のある大学で教えていた。

 戦後、共産党政権は突然、彼を投獄し、二度とバイオリンを弾けないようにするため、彼の右手の薬指を切り落とした。ラデレスクは囚人服の糸とベッドの板でバイオリンを作った。そして今夜、20年の静寂の後に、本物のバイオリンの艶のある音は彼の耳にどう響いたのか、アーロンは感じ取ろうとした。(「これ以上ひどい思い」)

 運命に翻弄された人たちを描く17編の物語。

(新潮社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る