「曇り、ときどき輝く」鎌田實著

公開日:

 医師として、世界中を訪ね歩き、東日本大震災、チェルノブイリ原発事故などで困っている人々に手を差し伸べ続けてきた著者は、「うつうつとした曇天の時代に、どうしたら輝くことができるのか」と考え、この本を書こうと決心したという。

 東日本大震災の大津波で塩水に漬かったピアノを奇跡的に蘇らせた、宮城県石巻市の楽器店「サルコヤ」の店主、井上晃雄氏、7つに分裂した旧ユーゴで、国籍や民族を超えて交響楽団を指揮する柳澤寿男氏、元受刑者たちの社会復帰を支援し続ける新宿・歌舞伎町の「日本駆け込み寺」代表、玄秀盛氏ら、著者がこの3年間に出会い、感動と勇気をもらった24の人間ドラマを紹介する人生指南書。

 (集英社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る