「曇り、ときどき輝く」鎌田實著

公開日:

 医師として、世界中を訪ね歩き、東日本大震災、チェルノブイリ原発事故などで困っている人々に手を差し伸べ続けてきた著者は、「うつうつとした曇天の時代に、どうしたら輝くことができるのか」と考え、この本を書こうと決心したという。

 東日本大震災の大津波で塩水に漬かったピアノを奇跡的に蘇らせた、宮城県石巻市の楽器店「サルコヤ」の店主、井上晃雄氏、7つに分裂した旧ユーゴで、国籍や民族を超えて交響楽団を指揮する柳澤寿男氏、元受刑者たちの社会復帰を支援し続ける新宿・歌舞伎町の「日本駆け込み寺」代表、玄秀盛氏ら、著者がこの3年間に出会い、感動と勇気をもらった24の人間ドラマを紹介する人生指南書。

 (集英社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る