「死を受けとめる練習」鎌田實著

公開日: 更新日:

 必要以上に怖がったり、避けたり、逃げたりすればするほど、死はつらく、苦しく、悲しいものになるという。医師として、多くの患者の最期を見届けてきた著者が、老いや死をどう迎えればよいのかをつづったエッセー。

 乳がんが転移して緩和ケア病棟に入院した90歳のハルさんは、毎年恒例の瓜漬けを家族に食べさせたいとリハビリに励み、ある日、満を持して帰宅。嫁に漬け方を教え、私物の整理の指示をして、5日後に亡くなった。その他、不幸な少年時代を過ごしたが一代で美容院チェーンを築き悪性リンパ腫で亡くなった男性など。さまざまな人々の生と死を紹介しながら、自分らしく死ぬための準備や、死の恐怖との向き合い方などを語る。(小学館 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る