「赤ヘル1975」重松清著

公開日: 更新日:

 1975年春、3年連続最下位に甘んじていた広島カープの監督に就任したルーツの発案でチームカラーが赤に一新される。中学に進学したヤスは、赤は女の色だと、野球帽を買い替える気になれない。運動神経抜群でカープ入団の夢を心に秘めるヤスだが、ひとりで酒屋を切り盛りする母の手伝いをするため野球部に入ることを断念する。父親は、原爆の後遺症でヤスが幼い時に亡くなっていた。

 大方の予想に反して、カープが快進撃を続ける。同じクラスのユキオは、カープの活躍を壁新聞にして教室に張り出す。そんな中、東京から巨人の帽子をかぶったマナブが転校してきた。

 広島カープ初優勝に熱狂する広島を舞台に少年たちの成長を描く長編。(講談社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る