「赤ヘル1975」重松清著

公開日: 更新日:

 1975年春、3年連続最下位に甘んじていた広島カープの監督に就任したルーツの発案でチームカラーが赤に一新される。中学に進学したヤスは、赤は女の色だと、野球帽を買い替える気になれない。運動神経抜群でカープ入団の夢を心に秘めるヤスだが、ひとりで酒屋を切り盛りする母の手伝いをするため野球部に入ることを断念する。父親は、原爆の後遺症でヤスが幼い時に亡くなっていた。

 大方の予想に反して、カープが快進撃を続ける。同じクラスのユキオは、カープの活躍を壁新聞にして教室に張り出す。そんな中、東京から巨人の帽子をかぶったマナブが転校してきた。

 広島カープ初優勝に熱狂する広島を舞台に少年たちの成長を描く長編。(講談社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る