「赤ヘル1975」重松清著

公開日:

 1975年春、3年連続最下位に甘んじていた広島カープの監督に就任したルーツの発案でチームカラーが赤に一新される。中学に進学したヤスは、赤は女の色だと、野球帽を買い替える気になれない。運動神経抜群でカープ入団の夢を心に秘めるヤスだが、ひとりで酒屋を切り盛りする母の手伝いをするため野球部に入ることを断念する。父親は、原爆の後遺症でヤスが幼い時に亡くなっていた。

 大方の予想に反して、カープが快進撃を続ける。同じクラスのユキオは、カープの活躍を壁新聞にして教室に張り出す。そんな中、東京から巨人の帽子をかぶったマナブが転校してきた。

 広島カープ初優勝に熱狂する広島を舞台に少年たちの成長を描く長編。(講談社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る