「悪魔と呼ばれた ヴァイオリニストパガニーニ伝」浦久俊彦著

公開日: 更新日:

 その超絶技巧でヨーロッパ中を狂乱させ、「悪魔」と呼ばれたバイオリニスト、ニコロ・パガニーニ(1782~1840)の本邦初の伝記。

 バイオリンが誕生して5世紀、彼に匹敵するバイオリニストは現代に至るまで、まだただのひとりも現れていないといわれる。その一方で、その人生はナポレオンの妹などの貴婦人に囲まれ、バクチと酒に溺れ、巨万の富を築きながら、病弱で干からびるように死んでいったという。生前にキリスト教会を憎悪していたため、死後に埋葬が許されず、その遺体は数十年にわたって各地をさまよったそうだ。イタリア・ジェノバの酒場でギター伴奏の父と歌手の母という「流し」の両親のもとに生まれた彼の生涯をエピソードたっぷりに描く。

(新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード