「山の彼方の棲息者たち」加藤博二著

公開日:

 ある日、うっそうとした原始林で迷った著者は、屋根も周囲もクマザサでめぐらした1間ばかりの掘っ立て小屋の前に出た。意外なことに中には24、25であろう美女が住んでいた。蛇の化身かと思ったと話すと、「私には足首がござんしょう」と笑って答えた。山うなぎ(蛇の肉)の飯をもらい一晩一緒に泊まり、翌日、下山。炭焼き小屋の老爺にその話をすると、「あのべっぴんは山窩の女房だ」と。そして、泊まった小屋の立った場所は墓場で、下には亭主が埋まっていると話してくれた。

 ほかに、山深くやってくる薬売り、村の青年団を情夫にする山芸者、許されぬ恋を成就するため娘をさらい密林に逃げ込む若者たちのことなど、乗鞍岳のお花畑の番人をしていた森林官(山役人)の著者が、山奥暮らしの中で出会った人々の思い出を語った体験譚。

(河出書房新社 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る