「山の彼方の棲息者たち」加藤博二著

公開日: 更新日:

 ある日、うっそうとした原始林で迷った著者は、屋根も周囲もクマザサでめぐらした1間ばかりの掘っ立て小屋の前に出た。意外なことに中には24、25であろう美女が住んでいた。蛇の化身かと思ったと話すと、「私には足首がござんしょう」と笑って答えた。山うなぎ(蛇の肉)の飯をもらい一晩一緒に泊まり、翌日、下山。炭焼き小屋の老爺にその話をすると、「あのべっぴんは山窩の女房だ」と。そして、泊まった小屋の立った場所は墓場で、下には亭主が埋まっていると話してくれた。

 ほかに、山深くやってくる薬売り、村の青年団を情夫にする山芸者、許されぬ恋を成就するため娘をさらい密林に逃げ込む若者たちのことなど、乗鞍岳のお花畑の番人をしていた森林官(山役人)の著者が、山奥暮らしの中で出会った人々の思い出を語った体験譚。

(河出書房新社 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

もっと見る