「『がん』はなぜできるのか」国立がん研究センター研究所編

公開日: 更新日:

 1981年以来、日本人の死亡原因の第1位となっているがんの研究・医療の最前線を紹介するサイエンスブック。

 20世紀には化学物質ががんを引き起こす「化学発がん説」をはじめ、さまざまな研究が行われてきたが、現在、がんは「がん遺伝子やがん抑制遺伝子に変異が起こることで発生する」遺伝子の病気だと考えられているという。がんが体の中で生まれるメカニズムから、がん化やがん細胞の増殖に関わるタンパク質や酵素の分子などに的を絞って狙い撃ちしてその働きを抑えることでがんを攻撃する「分子標的薬」のしくみ、1滴の血液から13種類のがんを超早期に発見する検査法などの治療や予防まで。正しい知識でがんと向き合うための参考書。

 (講談社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る