• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「寿命を10年延ばす『乳がん専門医』の教え」竹原めぐみ著

 フリーアナウンサーで市川海老蔵夫人の小林麻央が闘病を告白し、あらためて乳がんが注目されている。そんな乳がんの予防や治療に関する知識を、宇都宮セントラルクリニックの医師で、これまで12万人を診てきた「乳房のスペシャリスト」である著者が解説する。

 乳がんは一度かかったら治らないというイメージを抱いている人が多い。たしかに、転移・再発した場合はそのがんを根絶するのは難しいが、「3大アーリー」(早期検査・早期発見・早期治療)を実践すれば、治ることが多い病気だという。

 しかし、日本人女性は6割に当たる3000万人が乳がん検診に行かず、死亡率は増え続けている。そうした状況を危惧する著者が、3大アーリーの重要性と実践するための知識や情報を提言している。

 繁忙期(6~11月)を避けて比較的すいている時期(3~5月)を狙うなど賢く検査を受けるためのテクニックから、乳がんリスクを高める危険因子、治療法の種類と選択、信頼できる病院や医師の探し方まで、乳がんのホントの常識がわかる一冊だ。(中公新書ラクレ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事