「寿命を10年延ばす『乳がん専門医』の教え」竹原めぐみ著

公開日:  更新日:

 フリーアナウンサーで市川海老蔵夫人の小林麻央が闘病を告白し、あらためて乳がんが注目されている。そんな乳がんの予防や治療に関する知識を、宇都宮セントラルクリニックの医師で、これまで12万人を診てきた「乳房のスペシャリスト」である著者が解説する。

 乳がんは一度かかったら治らないというイメージを抱いている人が多い。たしかに、転移・再発した場合はそのがんを根絶するのは難しいが、「3大アーリー」(早期検査・早期発見・早期治療)を実践すれば、治ることが多い病気だという。

 しかし、日本人女性は6割に当たる3000万人が乳がん検診に行かず、死亡率は増え続けている。そうした状況を危惧する著者が、3大アーリーの重要性と実践するための知識や情報を提言している。

 繁忙期(6~11月)を避けて比較的すいている時期(3~5月)を狙うなど賢く検査を受けるためのテクニックから、乳がんリスクを高める危険因子、治療法の種類と選択、信頼できる病院や医師の探し方まで、乳がんのホントの常識がわかる一冊だ。(中公新書ラクレ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る