「日本人の遺伝子」一石英一郎著

公開日: 更新日:

 最近話題の遺伝子やゲノム解析についてわかりやすく書いた一冊。著者は国際医療福祉大学内科学の教授。遺伝子から日本人の起源を探ったり、「おもてなし遺伝子」「ゲイ遺伝子」など遺伝子にまつわる雑学知識を披露する一方で、「なぜ日本人は糖尿病が多いのか?」「喫煙習慣のない人の肺がんが増えている理由」など、まじめな問題についての解説も載っている。さらに「エピジェネティクス」や日本の研究者がリードする遺伝子の最新研究も紹介。専門家には物足りなさを感じる部分もあるかもしれないが、一般の人が遺伝子研究の現状をイメージするには十分な内容。読んでおけば遺伝子ネタには困らない。

(KADOKAWA 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る