「こわいもの知らずの病理学講義」仲野徹著

公開日: 更新日:

 本物の情報や知識こそ興味深くておもしろく、ためになる――。それが実感できる一冊。著者は大阪大学医学部病理学教授で普段、受験エリートだった医学生相手の講義の内容を近所のおっちゃん、おばちゃんに読ませるつもりで書いたというだけあってグイグイひきつけられる。

 医学部の基礎的教科書を下敷きにしているだけに細胞とは何かから始まり、がんの成り立ちや損傷、血液学やDNAについてもやさしく解説している。臨床医ならなかなか口にできない、がんは撲滅できない、老化は止められないなど、ともすればバラ色に見える医学の限界についてもさらりと書いている。

 欧米の一流大学教授の「白熱教室」が話題になったが、日本の医学部教授の授業もひけを取らないと思わせてくれる。健康・医療に関心のある人は一度は手にすべき本だ。

(晶文社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  8. 8

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  9. 9

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る