「『自己決定権』という罠」小松美彦著 聞き手・今野哲男

公開日:  更新日:

 04年4月に起こった「イラク邦人人質事件」では「自己責任論」が持ち出された。勝手に危険な場所へ行ったのだから、その責任を国家に押しつけず自分で取れと。同じ頃、脳死者からの臓器移植が合法化され、「安楽死・尊厳死」の問題も論議されていた。その際にキーとなるのが「自己決定権」だ。この言葉を名分として安易な脳死判定や安楽死を容認・推進する傾向を批判したのが04年に刊行された「自己決定権は幻想である」で、本書はその増補改訂版。

 旧著で著者の提起した問題は現在さらに深刻な様相を呈している。その例が今回増補された「相模原障害者殺傷事件」だ。「意思疎通を取れない人間を安楽死させる」のは正義だという論理のもと45人の知的障害者が殺傷されたこの事件は、社会に大きなショックを与えた。その底にはナチスの優生思想とつながる考えがあり、それが「自己決定権」による「尊厳死」と結びついて起きたものだと著者は分析する。

 旧著から現在までの「自己決定権」を巡る状況も収録。

(言視舎 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る