「若者はなぜ『決めつける』のか」長山靖生氏

公開日: 更新日:

「どうせ、変わらない」「僕らの世代は損をしている」――。若者のそんなネガティブな言動の背景には、理由があると著者はいう。

「どの世代も、いろいろな“決めつけ”をするものです。なかでも、ゆとり世代のそれはネガティブで、度合いも重いものです。バブルを経験した40代半ばまではダメだといいながらも『もしかすると』という淡い期待が残っている。しかし、不況の中で育ち、バブルが戦争と同じように歴史上の出来事にしか捉えられない若者は、経済も自分たちを取り巻く環境も良くならないことを前提に物事を考えているんです」

 若者を“決めつけ”に走らせた要因には就職難、結局は同意見を反復するだけのネット社会とのつながりなど複数あるが、根底にあるのが世の中に蔓延する「決断主義」だ。01年、小泉政権が誕生。それまでの10年、出口の見えない不景気の中で人々は、待っていれば誰かがどうにかしてくれるだろうという期待をしていたが、何も変わらなかった。

 そこへ小泉が登場し、問題の単純化や二者択一を迫る手法を披露。やがて世の中は、時流に乗せられ、一気に「決断主義」へと進んでいく。

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽