「東京カジノパラダイス」楡周平著

公開日: 更新日:

 下半身スキャンダルで会社を辞めた元商社マンの杉田は2年後に開業するお台場カジノの運営会社カイザーに転職。上司のオリバーによると、パチンコ客を基にした政府の試算では、カジノの運営が行き詰まるのは明らかだという。

 カジノを黒字にするためには、売り上げの8割を占める世界のVIPを日本に集める必要がある。多くの候補から杉田が選ばれたのは、遊び好きが見込まれたからだ。官僚たちが採算度外視で無理難題を押し付けてくる中、オリバーの秘書・柏木がカジノの目玉にサイコロの「丁半」をしてはどうかと言い出す。杉田は反対するが、オリバーは乗り気だ。

 間もなく誕生するであろう、日本のカジノの舞台裏を先取りしたようなエンターテインメント長編。

(新潮社 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る