「バルス」楡周平著

公開日: 更新日:

 有名私大の4年生、百瀬陽一は狙っていた大手8社すべて最終面接ではねられてしまう。大企業を諦めきれない陽一は就職留年を決意。就職戦線が始まるまでの間、ネット通販会社スロットの流通センターでバイトをすることにした。

 そこで陽一が目にしたのは、厳しいノルマ、安い時給、いつ解雇されるかわからない不安定な環境……派遣労働者の過酷な現実だった。

 派遣を代替可能な労働ロボットとみなすスロットに対して、陽一は激しい怒りを感じる。その怒りに呼応するように、「バルス」と名乗る人物がネット通販の大動脈である宅配網にテロを仕掛けた。このテロによって宅配会社は荷物の受け付けを中止し、国内流通は大混乱に陥る。

 さらに非正規労働者の待遇改善を訴える「バルス」に多くの人が賛同し、国会を巻き込む大きな運動に盛り上がっていく――。

 配送料無料、即日配達といった現代社会の便利さが、実は非正規労働者の過酷な労働環境の上に成り立っていることを暴き出した問題作。

(講談社 1650円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る