「野田秀樹×鎌田浩毅劇空間を生きる」野田秀樹、鎌田浩毅著

公開日:

 地球科学の研究者である鎌田は、東日本大震災を予測できなかったことで「予測と制御」が不可能なことを思い知らされた。ところが、野田が火山噴火の話を書くため鎌田にレクチャーを頼み、3部作の1つ「南へ」を上演していたときに東日本大震災が起こった。脚本を書いたのは半年前だった。また、「理想のために人を殺していいか」というテーマで「贋作・罪と罰」を上演する1週間前にオウム事件が起きた。鎌田は野田との対談で「野田演劇がすごく深いところで『予見性』を出してきたことに驚愕した」と語る。

 高校・大学と同級生だった劇作家と火山学者が、芸術が未来を予見することについて語り合う刺激的な一冊。

(ミネルヴァ書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る