「死ねば宇宙の塵芥」曽野綾子、近藤誠著

公開日:  更新日:

「医者に近づかない」人気作家と、「医者に近づくな」と主張する医師が、いかに老い、いかに死ぬかを語り合った対談集。

 近藤氏自身、40年間で医者にかかったのは研修医になるときの健康診断と、足の骨を折ったと勘違いしたときだけという。平均寿命が延びたのは衛生状態と健康状態が良くなったためで、医療は皆が思うほど貢献していないと話す。

 3人の親を介護したという曽野氏は、その体験を語りながら、これからいちばん大変なのは、嫌な話だけれど「年寄りをどう始末するか」という問題だと指摘。一方で、生き方は選べるけれど、死に方は自殺以外は選べないから考えたってしょうがないとしながらも、理想的な死に方について話し合う。

 (宝島社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る