• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「やってはいけない健康診断」近藤誠、和田秀樹著

 ある調査会社によると、2015年度の健康診断・人間ドックの市場規模は9040億円だという。いまや一大産業だが、健康診断は健康長寿にどれだけ寄与しているのか疑問に思う人も多いはず。そのひとつの答えとなるのが、この本だ。

 職場健診、人間ドック、集団がん検診は、どれも日本だけの“奇習”で命を縮めるという。近藤誠医師と和田秀樹医師の対談で「正常値」や「肺検診」のいい加減さなど、健診の知られざる実態が明らかになっていく。

 日本人は「病気かもしれない」という暗示にかかりやすく、文句を言わない国民性ゆえに医学的根拠のないものにお金を払っているという。(SB新書 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る