「やってはいけない健康診断」近藤誠、和田秀樹著

公開日:  更新日:

 ある調査会社によると、2015年度の健康診断・人間ドックの市場規模は9040億円だという。いまや一大産業だが、健康診断は健康長寿にどれだけ寄与しているのか疑問に思う人も多いはず。そのひとつの答えとなるのが、この本だ。

 職場健診、人間ドック、集団がん検診は、どれも日本だけの“奇習”で命を縮めるという。近藤誠医師と和田秀樹医師の対談で「正常値」や「肺検診」のいい加減さなど、健診の知られざる実態が明らかになっていく。

 日本人は「病気かもしれない」という暗示にかかりやすく、文句を言わない国民性ゆえに医学的根拠のないものにお金を払っているという。(SB新書 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る