「やってはいけない健康診断」近藤誠、和田秀樹著

公開日: 更新日:

 ある調査会社によると、2015年度の健康診断・人間ドックの市場規模は9040億円だという。いまや一大産業だが、健康診断は健康長寿にどれだけ寄与しているのか疑問に思う人も多いはず。そのひとつの答えとなるのが、この本だ。

 職場健診、人間ドック、集団がん検診は、どれも日本だけの“奇習”で命を縮めるという。近藤誠医師と和田秀樹医師の対談で「正常値」や「肺検診」のいい加減さなど、健診の知られざる実態が明らかになっていく。

 日本人は「病気かもしれない」という暗示にかかりやすく、文句を言わない国民性ゆえに医学的根拠のないものにお金を払っているという。(SB新書 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る