「料理人」ハリー・クレッシング著 一ノ瀬直二訳

公開日:

「男をつかむなら胃袋をつかめ」とは、女性が男を落とすときにうまい料理が強い武器になるという意味でよく使われるが、男女に限らず、胃袋をグッとつかまれると、つい寛容になるのは世の常。本書に登場するのは、胃袋で町ごとつかんでしまうという、極めておそるべき料理人の話。

【あらすじ】小さな田舎町コブの小高い丘の上にそびえるプロミネンス城は、町の創設者でありこの地方でも有数の地主であるコブ一家が先祖代々住んでいた邸宅。しかし、ある時期、男系の相続者がおらず姉妹2人がおのおの結婚し、ヒル家とヴェイル家に分かれて以来、同城は両家が結婚によって結合するまでは誰も住んではならないこととなった。しばらく両家は角突き合わせていたが最近はそれも収まり、ヒル家の息子とヴェイル家の娘が結婚するのではという観測もされていた。

 そんな折にヒル家のコックとしてコンラッドという料理人が雇われた。コンラッドは初日からヒル家全員の胃袋をつかんでしまう。おまけに、ヴェイル家の痩せぎすの両親と肥満の娘を彼の料理で正常な体重に戻すという奇跡を成し遂げた。

 さらに、ヒル家の雇い人たちを自由に操るだけでなく町の料理屋やパブまでも瞬く間に彼の影響下に置かれ、いまやヒル家もヴェイル家もコンラッドの意のまま。念願の両家統合も現実となりプロミネンス城に再び人が住むようになる……。

【読みどころ】最初は腕のいい料理人と思われていたコンラッドだが、極上の料理という武器を用いて人々を操っていくところは凄みがある。日本では未公開だが、アンジェラ・ランズベリー、マイケル・ヨークらの出演で「すべての人のもの」として映画化されている。 <石>

(早川書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る