「八朔の雪」高田郁著

公開日: 更新日:

 関西から初めて東京に来た人が、驚き敬遠するのがそばやうどんの汁のどす黒い色だというのはよく聞く話。これだけ情報が均一化している現代でも味に関しては案外に保守的なようだ。まして江戸時代には西と東の味の懸隔は大きく、大阪に生まれ育った本書の主人公、料理人を目指す澪には江戸の料理は勝手が違うことだらけ。澪の戸惑う姿から物語は始まる。

【あらすじ】水害で両親を亡くした澪は、大阪の料理屋「天満一兆庵」の女将・芳に助けられ奉公人となる。天性の味覚を店の主人に認められた澪は料理人の修業をしていたが、店が火事に遭い、息子の佐兵衛が営む江戸店に行く芳のお供として澪も江戸へ。

 しかし店はなく、佐兵衛も行方不明に。仕方なく澪は、神田御台所町のそば屋「つる屋」で働くことに。主人の種市に腕を見込まれた澪は試しに白味噌仕立ての牡蠣の土手鍋を作ったところ、濃い醤油味に慣れている江戸っ子たちには大不評で、面白いといってくれたのは常連の小松原という武士だけ。

 心機一転、澪が試行錯誤の末作り上げたのが、鰹節の出し殻を酒と醤油で煮込み、甘味に水飴を使い、クルミで食感を加味し、仕上げに七味唐辛子、名づけて「ぴりから鰹節田麩」。これが評判を呼び、澪は自信をつける。以後も、「ひんやり心太」「とろとろ茶碗蒸し」といったアイデア料理を打ち出すが、それを真似する店が続出、おまけに江戸有数の名料理屋が非道な妨害を仕掛けてきて、澪と種市は窮地に追い込まれる――。

【読みどころ】時代料理小説の定番だが、昨年も黒木華主演でNHKのTVドラマ化され、再び注目を集めている。シリーズ全10巻の1冊目。最後は余韻たっぷりで、続きを読みたくなること必至。 <石>

(角川春樹事務所 552円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る