「蛇足屋勢四郎」中村朋臣著

公開日:

 千住小塚原の刑場で斬首され埋められた罪人の屍を持ち去る盗っ人が出没。風評被害に悩む旅籠の主人らに頼まれた便利屋の勢四郎が、深夜、刑場で待ち伏せていると、賊が現れた。しかし、彼らの頭領と思われる男は、剣術では江戸で5本の指に入るといわれる勢四郎と互角の腕前で、屍を盗む理由も問いただせぬまま逃げられてしまう。

 翌日、今はほうき屋として世をはばかりながら隠密で悪人退治をしている元大目付・近藤に呼び出された勢四郎は、最近、商家を狙う強盗が相次いでいると教えられる。どうやら、その一味の背後には、勢四郎の因縁の相手・鳶沢がいるようだという。

 奉行所に聞き届けてもらえないような困りごとを片付ける「蛇足屋」勢四郎が活躍する剣豪小説。

(光文社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る