「赤刃」長浦京著

公開日: 更新日:

 家光治世の寛永16(1639)年、江戸で辻斬りが横行。下手人を成敗すべく名乗りを上げた浪人どもも返り討ちにされ、犠牲者は300人を超える。老中首座松平伊豆守の屋敷に投げ込まれた書状から、元津藩士・赤迫雅峰とその仲間による犯行と明らかになった。

 赤迫は、関ケ原や大坂の陣での狂気を帯びた戦いぶりで知られる豪武者だった。赤迫一派は、辻斬りだけでなく、大名家の嫡男2人を略取。幕閣らは一派をせん滅させるため、掃討使という職名を作り、大きな権限を与える。しかし、精鋭揃いの掃討使も次々と殺され、伊豆守は懐刀の小留間逸次郎を長崎から呼び戻す。

 第6回小説現代長編新人賞を受賞した新感覚の剣豪小説。(講談社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る

人気キーワード