「赤刃」長浦京著

公開日: 更新日:

 家光治世の寛永16(1639)年、江戸で辻斬りが横行。下手人を成敗すべく名乗りを上げた浪人どもも返り討ちにされ、犠牲者は300人を超える。老中首座松平伊豆守の屋敷に投げ込まれた書状から、元津藩士・赤迫雅峰とその仲間による犯行と明らかになった。

 赤迫は、関ケ原や大坂の陣での狂気を帯びた戦いぶりで知られる豪武者だった。赤迫一派は、辻斬りだけでなく、大名家の嫡男2人を略取。幕閣らは一派をせん滅させるため、掃討使という職名を作り、大きな権限を与える。しかし、精鋭揃いの掃討使も次々と殺され、伊豆守は懐刀の小留間逸次郎を長崎から呼び戻す。

 第6回小説現代長編新人賞を受賞した新感覚の剣豪小説。(講談社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る