「赤刃」長浦京著

公開日:  更新日:

 家光治世の寛永16(1639)年、江戸で辻斬りが横行。下手人を成敗すべく名乗りを上げた浪人どもも返り討ちにされ、犠牲者は300人を超える。老中首座松平伊豆守の屋敷に投げ込まれた書状から、元津藩士・赤迫雅峰とその仲間による犯行と明らかになった。

 赤迫は、関ケ原や大坂の陣での狂気を帯びた戦いぶりで知られる豪武者だった。赤迫一派は、辻斬りだけでなく、大名家の嫡男2人を略取。幕閣らは一派をせん滅させるため、掃討使という職名を作り、大きな権限を与える。しかし、精鋭揃いの掃討使も次々と殺され、伊豆守は懐刀の小留間逸次郎を長崎から呼び戻す。

 第6回小説現代長編新人賞を受賞した新感覚の剣豪小説。(講談社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る