「筋肉は本当にすごい すべての動物に共通する驚きのメカニズム」杉晴夫著

公開日: 更新日:

 筋肉は力こぶのような骨格筋のイメージが強いが、筋肉には他にもさまざまな種類がある。呼吸で酸素を取り込むための横隔膜を動かす呼吸筋、血液を全身に送る心筋、血流を維持する血管筋、摂取した栄養物を吸収する内臓筋などだ。人生100年時代と言われるいま、健康寿命を伸ばすためにはこうした筋肉を長持ちさせることが欠かせない。それには筋肉を知ることが必要で、この本はその一助になる。骨格筋の発熱量は生命維持に必要な発熱量の60%に及ぶことや、体温が上がりすぎたときの放熱に血管筋が大きな役割を果たしていることなどを解説してくれる。また人間の筋肉の構造や性能だけでなく、昆虫や鳥類、水棲動物の筋肉について書かれていて読んで面白い。著者は筋肉収縮の研究者で帝京大学医学部名誉教授。

(講談社、1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る