「新版 動的平衡2」福岡伸一著

公開日: 更新日:

 生命の本質に迫るベストセラーの新書化。

 生命とは何か。40年以上前に英国の動物行動学者リチャード・ドーキンスが宣言した「自己複製するもの」が今も生命の定義とされている。氏はすべての生物は、自己複製を目的とする遺伝子の乗り物にすぎず、その行動は遺伝子に支配されているとし、進化の原動力は遺伝子上にランダムに生じる変異だけで、そこには目的性や指向性は存在しないと説いた。

 しかし、著者は生命現象や進化は突然変異と自然選択の原理以外の何かによっても制御されているのではないかと疑問を投げかけ、「エピジェネティクス」という新しい生命観を提示する。

 生命が宇宙からやってきた可能性など、好奇心を刺激するテーマと切り口で最新のサイエンスを紹介。

 (小学館 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る