「新版 動的平衡2」福岡伸一著

公開日: 更新日:

 生命の本質に迫るベストセラーの新書化。

 生命とは何か。40年以上前に英国の動物行動学者リチャード・ドーキンスが宣言した「自己複製するもの」が今も生命の定義とされている。氏はすべての生物は、自己複製を目的とする遺伝子の乗り物にすぎず、その行動は遺伝子に支配されているとし、進化の原動力は遺伝子上にランダムに生じる変異だけで、そこには目的性や指向性は存在しないと説いた。

 しかし、著者は生命現象や進化は突然変異と自然選択の原理以外の何かによっても制御されているのではないかと疑問を投げかけ、「エピジェネティクス」という新しい生命観を提示する。

 生命が宇宙からやってきた可能性など、好奇心を刺激するテーマと切り口で最新のサイエンスを紹介。

 (小学館 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る